傘さして雨に唄えば

海外テックニュース/ものつくり/趣味

正月太り解消!人日の節句に食べる七草粥のススメ

七草粥人日の節句(1月7日)に食べる正月の暴飲暴食で弱った胃腸に優しい料理です。一般的に春の七草を材料として作られ、一年の健康を願って食べると言われています。ところで、七草粥七草はわかりますでしょうか?地域によって、食べ方は違ってはきますが、春の七草スズシロスズナハコベラゴギョウホトケノザ・セリ・ナズナになります。
f:id:ru33fu99:20160107125452j:plain
毎年、この時期に食べる七草粥
七草粥を食べることではたして、どのようなメリットがあるのでしょうか?

毎年食べる七草粥は体にいいことばかり

七草粥は栄養タップリ

f:id:ru33fu99:20160107125621j:plain

七つの野菜には栄養価がたっぷり含まれています。例えば、セリはビタミンが豊富です。この時期は気温が低いことに加え、休み明けで疲れがたまり風邪を引きやすい季節ですが、ビタミンをたっぷり補給する事で疲労回復や風邪の予防にもつながります。

体調が悪い時や胃腸にも優しい

f:id:ru33fu99:20160107125559j:plain

風邪を引いたときになぜお粥を食べるのでしょうか?消化しやすく、身体を温めるため胃の調子が悪いときや風邪を引いてしまったときに食べることが多いですね。この時期は忘年会の時期が終わったかと思えば、正月がくるので、ご馳走をたべることが多いです。食べているときは幸せなのですが、確実に胃や腸には負担となっていますので、このタイミングで七草粥を食べて、胃腸をいたわりましょう。

専門店ってあるの?

粥餐庁というおかゆ専門店があります。
様々な種類の御粥があり、「胃がやばい」という時や「女性とご飯に行くとき」は非常に喜ばれるかもしれませんね。全国に店舗があるので、今度、近場で個人的に行ってみようと思います。女子と。。。。
粥餐庁 – GREEN HOUSE FOODS

まとめ

御粥は風邪をひいているときの定番料理です。風邪を引いているときではなく、胃がよわっているときには色々アレンジして食べてみたいですね。特にこの時期の七草粥は自分の身体を大事にするためにもいかがでしょうか?